ホーム > 戦略プランニング > 戦略プランニング・プロジェクト

戦略プランニング・プロジェクト

GFCが支援する戦略プランニング・プロジェクトでは「顧客企業自らが考え、たどり着く戦略こそが、未来への確かな資産となる」と考えます。

GFCのコンサルティングは、顧客企業自らが考え、答えを導き出すことを支援するという点で、従来のコンサルティング・スタイルとは異なっています。

自らたどり着いた戦略に対する、社内の受容度は高く、またそのプロセスにおける、顧客自らの気づき・学びも、貴重な収穫となるでしょう。さらには、戦略はコンサルタントに答えを求めるものではなく、顧客自らが策定するものという認識を社内に根付かせるきっかけともなっていきます。

GFCがご支援する戦略プランニング・プロジェクトのメリット

顧客自らが取り組む事によるリーダーシップの育成

  • 顧客自らが取り組むため、メンバーの主体性が発揮・維持される。
  • 社員自らの手による戦略立案は組織に受容されやすく、実行につながりやすい。
  • 策定プロセスを通じ、「組織知」への昇華が生まれやすい
  • 問題意識が形成されることで、社員の育成につながりやすい。

複数視点によるチェックで高まる実効性

― コンサルタントの視点から

広範な知識・経験を持つGFCのコンサルタントが、仮説の論理性や定量的検証を客観的な立場でチェックし、アドバイスを行う。

― 経営的視点から

テーマ設定や内容のレベル感が、経営者を満足させられるものであるかを確認する。

― 聞き手の視点から

検討した戦略やプランが社内で共有されやすいよう、プレゼンテーションのシンプルさ・わかりやすさを検証し、アドバイスを行う。

プロジェクトの継続性の担保と活性化

GFCのコンサルタントを交えて具体的な策を検討する場がスケジューリングされているため、プロジェクトの進行にメリハリがつきます。また、「わかっているけどできない」状態が継続することを防ぎ、実行段階で頓挫することなく、プロジェクトを遂行することができます。

 

このページの先頭へ