ホーム > 戦略プランニング

戦略プランニング

Q 外部環境の変化に適応する戦略を立てたものの、それが「ユニークさに欠ける」のはなぜでしょうか?

外部環境に適応する戦略を立てたとしても、同じような外部環境の捉え方をしている競合他社がいれば、同じような戦略を創ることができるため、自社ならではの「ユニークさ」に欠ける可能性があります。
外部環境の変化を捉えたとしても、「誰向けにどのような価値を提供するのか」をもう一段深く掘り下げて考えなければ、自社ならではの「ユニークさ」を持つ価値を提供できません。また、競合他社と異なる差別化ポイントを考察することも必要です。

自社ならではの「ユニーク」な戦略を創り出すには、外部環境の変化を捉えた上で、顧客への深い理解・洞察に基づき、競合他社がいまだ提供していない新しい価値創出につながるような戦略を練らなくてはなりません。

 

戦略構築のフェーズ

未来の事業環境は洞察したものの、顧客への深い理解が不足し、ニーズを捉えた戦略になっていない。また競合する商品やサービスとの違いについての戦略的視点が足りない。

GFCの戦略構築支援

ビジネス・プランニングのフェーズ

戦略がどれくらいの収益をもたらすのか、その収益性を理解し、実現可能な計画を立てられていない。いわゆる戦略が「絵に描いた餅」で終わってしまう。

GFCのビジネス・プランニング支援
 

このページの先頭へ