ホーム > 戦略プランニング > ビジネス・プランニング

ビジネス・プランニング

戦略を「絵に描いた餅」としないため、収益性を検証し、実行可能なビジネスプランにおとすことが「ビジネス・プランニング」です。

Step1 環境分析・戦略仮説抽出 Step2 戦略・ビジネスモデル設計 Step3 経済性分析・実行プラン立案

画像を拡大する

ビジネスプランにおいては、「3C」の視点で練り上げられた戦略がどれくらいの収益をもたらすか、収益性の理解が必要です。利益の出ない戦略は、企業として続けることができず、持続的な経営につながりません。企業として継続していくためには、価値を生み儲かるモデルを作る必要があります。

利益から遡って、利益を出す要因を「ツリー分解」することにより、事業の課題が明確になり、「何をどうすべきか」の整理が行いやすくなります。

また、戦略が「絵に描いた餅」にならないように、実行計画をビジネスプランに入れる必要があります。だれがいつ何を行うと、そのビジネスプランが実現するのか、具体的な進め方を描きます。

図:ツリー分析

画像を拡大する

 
 

このページの先頭へ