ホーム > 戦略プランニング > 戦略プランニングとは?

戦略プランニングとは?

起こりうる未来のシナリオに対応しつつ、顧客への価値提供が明確で、かつ他社と差別性の高い「ユニークな戦略」をつくること、そして、それを実現するためのステップを明らかにすること、これが戦略プランニングです。

戦略プランニングは、「戦略構築」と「ビジネス・プランニング」の2つに分かれており、誰に向けてどんな価値を提供し、どのくらいの収益を見込み、どれだけの資源を投入すべきか、そして、どのように実行するかを計画します。

GFCは、予測した未来の事業環境シナリオを活かし、本当に実現性の高い戦略を顧客企業が策定できるよう戦略解の導出と戦略思考のプロセスの定着を支援しています。

戦略プランニングは2つのフェーズにわかれる。 Phase1 戦略構築 顧客理解・競合との差別化 誰に向けてどんな価値を提供するのか Phase2 ビジネス・プランニング 収益性検証/実行計画 どのくらいの収益を見込み、どれだけの資源を投入すべきか、そして、どのように実行するか

 

このページの先頭へ