ホーム > シナリオ・プランニング > シナリオ・プランニング・プロジェクト

シナリオ・プランニング・プロジェクト

シナリオ・プランニング・プロジェクトは、企業内の多様なメンバーでチームを構成します。GFCは、テーマ設定からワークショップのデザイン、その成果を活かすレビューまで、プロジェクト全体の実行支援を行います。

画像を拡大する

プロジェクト・テーマの設定

未来の事業環境を考えるためのテーマ設定を行います。クライアントの属する業界の未来を考えるなど、事業の目的と照らし合わせてテー マを設定します。
設定したテーマに沿って必要な未来情報の収集に取り組み、ワークショップに向けた準備を開始します。

シナリオ・ワークショップのデザイン

シナリオ・プランニング・プロジェクトでは、ワークショップという「対話の場」で、不確実性に着目し、未来がどうなるのか、どんな可能性があるのかを、参加メンバーで考察し共有します。
ワークショップがプロジェクトの中心となるステップです。
15名~20名程度の参加者で1泊2日の集中討議を行います。GFCは、テーマに応じたワークショップをデザインします。この2日間では、集めた情報とメンバーの知見・経験に基づく対話を通して、複数の未来シナリオを構築します。

シナリオ・ワークショップの流れ

ワークショップのフォローアップとシナリオ・レビュー

「複数の未来シナリオのうち、どのシナリオに向かっているのか」という方向感を共有し、戦略の方向性を明確にするために、必要に応じてフォローアップのワークショップを行います。ここで各シナリオをもう一度掘り下げて理解し、戦略構築のためのベースを作ります。

 

このページの先頭へ