ホーム > シナリオ・プランニング

シナリオ・プランニング

Q 未来をピンポイントに予測することは可能でしょうか?

世界の情勢は不確実性が高い。変化は複雑に連鎖し、瞬く間に広がる

2007年に表面化し、その後深刻化したサブプライムローン問題を発端とする世界的な同時不況。あるいは2011年に起きた、フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアの影響によるチュニジア、エジプトなど長期独裁政権の崩壊を、予測できた人はどのくらいいたでしょうか?

変化が起こってから考えても間に合わない

変化のスピードが緩やかな時代であれば、企業を取り巻く環境に変化が起こってから、戦略を見直し、自社のコンピタンスを再構築することが可能だったかもしれません。しかし、今日のようなスピードで急激に変化する環境のもとでは、戦略の軌道修正を迅速に行う必要があります。

起こりうる未来を「幅」をもって考えておく

このような不確実性が高い環境では、未来をピンポイントに予測することは不可能であり、起こりうる未来を複数考えておくことが必須です。また、起こりうる未来について企業全体で共通認識を持つことで、不連続な環境変化に対応できる柔軟な組織を作り上げることができます。

GFCのコンサルティング・サービスでは、起こりうる複数の未来を「シナリオ・プランニング」という思考法で捉えます。

シナリオ・プランニングとは?

「アウトサイド・イン」アプローチとは

最初に見るべきは、事業を取り巻く外部の環境から。
戦略とは、環境の変化に応じて投入すべき資源やそのタイミングを見極めること。

SCENARIO PLANNING
シナリオ・プランニングTMは株式会社 グリーンフィールド コンサルティングの登録商標です。
 
 

このページの先頭へ