ホーム > 採用情報

採用情報

採用方針

イメージ画像

ゼロベースから生まれる変革を企業内から実現させるために。

GFCは、顧客企業の「思考プロセス」を変えることで、着実な企業変革を支援してきました。

私たちのコンサルティング・スタイルは、顧客に「正解」を提示することを最終目的とするのではなく、「顧客企業自らが気づき、考えるプロセス」と、その企業内に「変革を起こしていくプロセス」を側面から支援することこそが、重要であるという考えに基づいています。

顧客企業からご相談いただく案件は、事業戦略策定、マーケティング戦略策定、プロセス革新、企業変革などさまざまですが、GFCではこれらの課題に対して、未来の不確実な事業環境を読み解く「シナリオ・プランニング」および、戦略策定やその実行までを支援する側面支援型の「プロセス・コンサルティング」を実践することで、多くの成果を上げ、信頼を寄せていただいています。

顧客企業内にプロジェクト・チームを形成して進めることは多く、GFCのコンサルタントは、時にリーダーとして、またファシリテーターとして事業環境を論理的に分析し、議論を活性化させ、プロジェクトを遂行させる重要な役割を担います。

GFCのコンサルタントに求められる資質

― クライアントに先んじて戦略仮説を見つけられる分析力や論理的思考力

― クライアントとの対話を通じた「正しい課題(イシュー)」の設定力

― クライアントに「気づき」を与えるためのコミュニケーションスキルやヒューマンスキル

― クライアントの課題(イシュー)に対する解決力

GFCが求めるコンサルタントの具体像

私たちのコンサルティング・スタイルは、議論でクライアントをリードしながら、共に考え、クライアント自身の答えを導き出すというものです。GFCのコンサルタントには、「鋭いだけでなく、好感が持てて、信頼のおける人物」という安心感を与え、クライアントの抱える課題や問題解決力を引き出すヒューマンスキルが求められます。

GFC社内でのチームワークやクライアントとのコラボレーション、ワークショップ時のファシリテーターの経験を通じて、コミュニケーションスキルやヒューマンスキルをブラッシュアップする機会は常に提供されています。
また、コンサルタントとしての基本的知識(統計・分析・マーケティングなど)はもとより、科学分野などを含む社会全般についても好奇心を持ち合わせ、新しい知識を楽しんで吸収出来る方は、GFCでの経験を通して優秀なコンサルタントとして成長し続けていけることでしょう。私たちは、ぜひそういう方をGFCに迎えたいと考えています。

現在の採用情報についてはこちら

 

このページの先頭へ