ホーム > 事例・実績 > アドバイザリー

アドバイザリー

生産財メーカーF社における経営アドバイザリー

 

課 題

F社は、グローバルに事業を展開し高いマーケットシェアを有しているが、近年競争が激化し、成長路線の維持やマーケットシェアの確保が厳しい状況が続いていた。
また同社はいくつかのカンパニーから構成されており、経営企画本部はそれらのカンパニーを主導する立場にあったが、以前よりカンパニーの実権が強いという歴史的経緯もあり、必ずしもリーダーシップが発揮できない状況が続いていた。
さらに、経営企画本部メンバーには、新たに他部門から異動してきたメンバーも多く、経営課題解決のプロフェッショナル人材だけで構成されているわけではないという内部課題も存在していた。

アドバイザリー・サービスの概要・経緯

  • GFCは経営支援のプロとして、F社を月に2日のペースで定期訪問するアドバイザリー・サービスの提供を開始した。まず、経営企画本部メンバーの戦略策定および社内改革に関する教育と、経営企画本部テーマへのアドバイスを並行して実行した。
  • アドバイザリー開始から1年後には、中期経営計画策定のプロジェクトがスタートし、GFCの定期的なアドバイスのもと、プロジェクトも成功裏に完了した。
  • GFCは、その実行フェーズのアドバイスのために定期訪問を継続している。
 

このページの先頭へ